宮本形成外科 お問い合わせ Q&A リンク 宮本形成外科
宮本形成外科

ホームページへ 新着情報 トピックス 形成外科とは 病院案内 品質方針 スタッフ紹介 料金案内 治療情報 手術情報


手術情報

2012.01.04

目のたるみとり


 

上まぶたのたるみを改善する手術
line

 

下の図のように、たるんだ皮膚の切除方法は2種類あります。どちらで手術を行うかは、診察したうえでご希望により決定いたします。

 

@ まつげ側の上まぶたの皮膚を切除する場合

 

image001

 

A まゆげの下の皮膚を切除する場合

 

image002

 

 

下まぶたのたるみ、しわを改善する手術
line

 

下まぶたのたるみといっても、その形はさまざまです。いわゆる眼袋(めぶくろ)や皮膚のたるみの改善を目的に手術を行ないますが、症状によって手術方法も異なります。

主に、皮膚を切除する方法と結膜側を切開する方法があります。詳しくは診察の上、ご説明いたします。

いずれも局所麻酔、通院で治療可能です。腫れは術後2週間程度で改善します(個人差があります)。皮膚を切除した場合、傷は術後2〜3ヵ月はやや赤味がありますが、お化粧でカバーできます。半年ほどで傷はほとんど目立たなくなります。

 

image006

 

 

arrow

image007
下まぶたのたるみを改善(皮膚切除+脱脂)

戻る >>